XMenu

小中学生が好きな選手 大谷が2年連続1位

スポーツ

2019年10月2日 夕刊

 大手玩具メーカー、バンダイ(東京)の小中学生のスポーツに関する意識調査で、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が2年連続で好きなスポーツ選手の1位になった。フィギュアスケートの羽生結弦(はにゅうゆづる)選手も昨年に続き2位。2人が安定した人気を誇っている。

 3位にはテニスの大坂なおみ選手、6位に米プロバスケットボールNBA、ウィザーズに所属する八村塁(るい)選手が選ばれた。いずれも初のトップ10入りで、海外で活躍する選手への注目の高さがうかがえた。白血病と闘う競泳の池江璃花子(りかこ)選手も7位に入った。

 バンダイが今夏、小学生から中学生の子どもと一緒に回答できる親900人(各学年、男女50人ずつ)を対象に、インターネットで調査した。

 

この記事を印刷する