XMenu

土砂災害死88%が危険区域 西日本豪雨、対策検討へ

社会

2018年9月11日 18時20分

 7月の西日本豪雨で、土砂災害による犠牲者の88%が、土砂災害の危険性が高い「警戒区域」などで亡くなっていたことが11日、国土交通省の調査で分かった。国交省は有識者検討委員会で、新たな一時退避施設の設置や住民への周知方法などを議論する。

 国交省によると、土砂崩れなどによる犠牲者は119人で、死亡場所が判明したのは107人。このうち94人が危険性の高い区域内だった。詳しく見ると、69人が土砂災害防止法で指定する警戒区域、25人は指定に向けた調査が必要な「土砂災害危険箇所」だった。

(共同)
 

この記事を印刷する