XMenu

風疹患者数が昨年の4倍近く 首都圏中心に感染拡大

社会

2018年9月11日 12時01分

 はしか、風疹混合ワクチンの接種を受ける1歳児=2015年

 国立感染症研究所は11日、今年の風疹の患者数が2日までの集計で362人になったと発表した。既に昨年1年間の4倍近くに達し、依然として東京都や千葉県など首都圏での感染が目立っている。

 2日までの1週間の報告数は75人。内訳は東京都が28人、千葉県が11人、神奈川県が8人、埼玉県が5人などだった。前週の報告は97人だった。

 風疹はくしゃみやせきで感染する。妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんが難聴や心臓病、白内障になるリスクがあり、妊婦や家族は特に注意が必要だ。

(共同)
 

この記事を印刷する