XMenu

「FC2」運営者ら二審も有罪 わいせつ動画配信

社会

2018年9月11日 10時33分

 インターネット動画投稿サイト「FC2」を実質的に運営し、わいせつ動画を配信したとして、わいせつ電磁的記録媒体陳列と公然わいせつの罪に問われた運営会社の当時の社長足立真被告(43)と、元社長高橋人文被告(42)の控訴審判決で大阪高裁(西田真基裁判長)は11日、いずれも有罪とした一審判決を支持し、両被告の控訴を棄却した。

 一審の京都地裁判決はいずれも懲役2年6月、執行猶予4年、罰金250万円。

 公判で両被告は関与を否定し、無罪を主張したが、昨年3月の一審判決は「わいせつ動画が相当数投稿、配信されていることを認識しながら措置を講じなかった」と有罪とした。

(共同)
 

この記事を印刷する