XMenu

岐阜県、豚80頭死を把握できず 検査まで、豚コレラのウイルスで

社会

2018年9月10日 20時28分

 岐阜市の養豚場で豚コレラのウイルスが検出された問題で、1頭が急死した3日以降に豚約80頭が相次いで死んだことを、8日に立ち入り検査するまで岐阜県が把握できていなかったことが10日、県への取材で分かった。豚が大量に死ぬ間、養豚場は5日に9頭の豚を出荷していた。

 県によると、養豚場で3日に豚が急死したと獣医師から報告を受け、解剖した結果、豚コレラの疑いがあることが分かった。県の簡易検査で確認できず、国に精密検査を依頼するなどの作業をしたが、8日未明に立ち入り検査するまで現場で豚が相次いで死んだことを把握できなかった。

(共同)
 

この記事を印刷する