XMenu

モスクワ市長選、現職が再選へ プーチン氏側近

国際

2018年9月9日 18時26分

 9日に行われたモスクワ市長選で、市内の投票所で投票する現職のソビャニン市長(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアで9日、知事や首長などを選ぶ統一地方選が実施された。選挙前の世論調査では、首都モスクワの市長選でプーチン大統領側近の現職セルゲイ・ソビャニン氏(60)が約7割の支持を集めており、再選は確実な情勢。

 プーチン氏が圧勝で通算4選を果たした3月の大統領選以来の大規模選挙。政府が6月に年金受給年齢の引き上げ案を発表し、プーチン氏の支持率は約8割から約7割に下落した。しかし全22の首長、知事選のうち、与党「統一ロシア」が候補を擁立しなかった西部オリョール州とモスクワ市以外は全て同党の候補者が当選する見通し。

 

この記事を印刷する