XMenu

海外記者が大震災被災地視察 「復興五輪」発信狙う

社会

2018年9月8日 19時30分

 「女川いのちの石碑」の前で、海外メディアの取材を受けるサッカーチーム「コバルトーレ女川」の千葉洸星選手(左端)=8日午後、宮城県女川町

 東京都オリンピック・パラリンピック準備局は8日、宮城県女川町などで、海外メディアを対象にした取材ツアーを実施した。大会理念である「復興五輪」の実現に向け、東日本大震災からの復興状況を世界に発信してもらうのが狙い。

 ツアーには、米国やフランス、インドなど13カ国から報道陣24人が参加。須田善明女川町長が、被災当時の写真を示し、被害の大きさや復興への取り組みを説明すると、真剣な表情で聞き入った。JR女川駅や駅前の商業施設も見学。整備が進み、被災当時から大きく変わってきた町の姿に驚いた様子で、カメラに収めていた。

(共同)
 

この記事を印刷する