XMenu

バド今井元監督側「適正判断を」 代理人、全面的に争う姿勢

スポーツ

2018年9月7日 19時24分

 仲裁申し立ての手続き後、記者会見する代理人の神谷慎一弁護士=7日午後、岐阜市

 バドミントン女子の強豪、再春館製薬所の今井彰宏元監督に金銭的な不正があったとされる問題で、7日に日本スポーツ仲裁機構(JSAA)へ仲裁申し立ての手続きをした代理人の神谷慎一弁護士が岐阜市内で同日記者会見し「詐欺行為はしていない。真実を明らかにし、適正な判断をしてほしい」と述べた。

 神谷弁護士は今井氏が、再春館製薬所がある熊本県のバドミントン協会に科された永久追放処分について「不服であり、取り消しを求める」とした。その上で「認定した事実が曖昧な上、こちらの主張を聞かず一方的に決まった」と、全面的に争う姿勢を示した。

(共同)
 

この記事を印刷する