XMenu

待機児童6千人の大幅減 10年ぶり2万人下回る

社会

2018年9月7日 11時18分

 厚生労働省は7日、希望しても認可保育所などに入れない待機児童が、今年4月時点で昨年より6186人少ない1万9895人だったと発表した。保育所などの施設整備が進んだため大幅に減少し、10年ぶりに2万人を下回った。政府が目標に掲げる「2020年度末までに待機児童ゼロ」へ一歩近づいた形だ。

 前年比で減少したのは4年ぶり。ただ来年10月からの保育無償化で利用希望者がさらに増える可能性があり、目標を達成できるかどうか予断を許さない状況だ。

 待機児童が最も多かったのは、兵庫県明石市の571人。岡山市が551人で続いた。

(共同)
 

この記事を印刷する