XMenu

公明代表、汪洋氏と会談 習主席への首相親書託す

政治

2018年9月6日 23時50分

 中国の習近平国家主席に宛てた安倍首相の親書を手にする公明党の山口代表(左)と、その親書を受け取った人民政治協商会議の汪洋主席=6日、北京(共同)

 【北京共同】中国を訪問中の公明党の山口那津男代表は6日、中国の国政助言機関、人民政治協商会議(政協)の汪洋主席(共産党序列4位)と北京で会談した。習近平国家主席に宛てた安倍晋三首相の親書を汪氏に託し「日中両国首脳の相互往来を実現したいという首相の強い意欲を伝えてほしい」と要請した。汪氏は「早速、報告したい」と応じた。

 山口氏は、首相がロシア・ウラジオストクで11日から開かれる「東方経済フォーラム」に出席するのに合わせ、習氏との会談に期待していることも伝えてほしいと述べた。

 

この記事を印刷する