XMenu

通電火災に注意呼び掛け 「ブレーカー落として」

社会

2018年9月6日 18時18分

 北海道での地震に伴う停電は、広範囲で長引く見通しだ。注意が必要なのは、復旧時に起きる通電火災。総務省消防庁や防災の専門家は「必ずブレーカーを落として」と呼び掛けている。

 通電火災は、地震の揺れでオーブントースターなど電気製品の発熱部分に可燃物が接触した状態になり、電気が復旧、通電を再開した際に発生する。観賞魚の水槽が倒れてヒーターが露出し、火災になった例もある。

 総務省消防庁はツイッターで「自宅を離れるときは、ブレーカーを落としてください」と注意喚起している。

(共同)
 

この記事を印刷する