XMenu

北海道、台風影響でけが人相次ぐ 電柱折れ、8万戸停電

社会

2018年9月5日 14時02分

 台風21号の影響で折れた国道沿いの電柱=5日午前9時28分、札幌市東区

 台風21号の影響で、北海道は4日夜から5日にかけて大荒れの天気となり、強風や倒木で4人がけがをしたほか、札幌市で電柱が折れるなどし、道内8万戸以上が一時停電した。気象庁によると、倶知安町で42・4メートルの最大瞬間風速を観測した。

 道警などによると、函館市で観光客の60代の女性が強風にあおられて転倒し軽傷。北広島市の市道では5日未明、倒木を撤去していた市職員の男性2人に別の倒木が当たり、歯を折るなどのけがをした。旭川市でも同日朝、通学中の女子高生(17)が、ビルから落下した照明カバーが頭に当たって負傷した。

(共同)
 

この記事を印刷する