XMenu

なでしこ高倉監督が最終候補に FIFA年間表彰

スポーツ

2018年9月3日 22時11分

 高倉監督=8月27日

 【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は3日、2017〜18年シーズンの年間最優秀監督の最終候補3人を発表し、女子アジア・カップを制した日本代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督が選ばれた。最優秀選手の候補10人に入っていた熊谷紗希(リヨン)は残らなかった。

 男子の最優秀選手は前回5度目の受賞を果たしたポルトガル代表のロナルド(ユベントス)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会で準優勝したクロアチア代表のモドリッチ(レアル・マドリード)、イングランド・プレミアリーグ得点王でエジプト代表のサラー(リバプール)が名を連ねた。

 

この記事を印刷する