XMenu

欧米、ロイター記者有罪を批判 スー・チー氏に疑問視も

国際

2018年9月3日 21時06分

 ミャンマーのヤンゴンで、ロイター通信記者2人の有罪判決を聞き、口を覆う記者の妻=3日(ロイター=共同)

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの裁判所が3日、ロイター通信の記者2被告に国家機密法違反の罪で実刑判決を言い渡したことについて、欧米諸国や人権団体は報道の自由の侵害だとして一斉に批判した。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相による民主化努力を疑問視する声が国際社会で広がりそうだ。

 判決を受け在ミャンマー米国大使館は声明で「法の支配と司法の独立に関する深い懸念」を示し、ミャンマー政府に記者らの即時釈放を要求した。欧州連合(EU)も報道の自由を損なうとして懸念を表明した。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチも「メディア弾圧への回帰告げるものだ」と強調した。

 

この記事を印刷する