XMenu

JR九州社長発言に不快感 被災路線復旧で大分知事

社会

2018年9月3日 18時26分

 昨年7月の九州北部の豪雨で一部区間の不通が続くJR日田彦山線を巡り、大分県の広瀬勝貞知事は3日の記者会見で、鉄道での早期復旧を目指すべきだとの考えを改めて強調した。バス高速輸送システム(BRT)などへの切り替えの可能性に言及したJR九州の青柳俊彦社長に対し「(JRと沿線自治体でつくる協議会の頭越しの発言は)全く生産的でない」と不快感を示した。

 鉄道での復旧を前提にJR九州と福岡、大分両県の沿線自治体が今年4月に設置した協議会は、これまで復旧費の一部を自治体が負担する方向で一致したが、復旧後の費用負担で両者の立場の違いが鮮明になっている。

(共同)
 

この記事を印刷する