XMenu

報道機関に被害届誤送信、宮城 詐欺事件で4社にファクス送信

社会

2018年9月2日 18時52分

 宮城県警大河原署は2日、振り込め詐欺事件の被害届を誤って報道機関4社にファクス送信したと発表した。被害者の氏名や住所、電話番号のほか、犯人が使用したとみられる金融機関の口座番号や電話番号も記載されていた。

 大河原署によると、40代の男性警部補が、詐欺事件の発生を知らせる報道発表資料のチェックを受けるため、照合用として被害届を県警本部に送ろうとして、操作を誤ったという。

 同署は被害者に経緯を説明し、謝罪した。佐々木光史副署長は「再発防止に万全を期したい」とコメントした。

(共同)
 

この記事を印刷する