XMenu

広島・呉、仮設住宅入居始まる 西日本豪雨の被災者

社会

2018年9月2日 17時52分

 入居が始まった広島県呉市の応急仮設住宅=2日午後

 広島県呉市で2日、西日本豪雨被災者の応急仮設住宅への入居が始まった。同県では初めて。天応地区と安浦町地区で、計約60世帯の入居が決まっている。

 天応地区の住宅は、市が管理している海沿いの土地に建設された。風呂トイレ付きで、1DK、2DK、3K。入居期間は2年間で、ペットも飼える。入居者は午前10時ごろ、市職員から鍵を受け取った。

 夫に背負われて避難したという須藤慈子さん(77)は夫と愛犬と一緒に入居。「犬がいるから避難所でも廊下にいて、その後は親戚の家を転々とした。ようやく心の逃げ道ができた」と喜んだ。

 入居は半壊か全壊、二次災害の恐れがある住民が対象。

(共同)
 

この記事を印刷する