XMenu

ア大会、6冠の池江選手がMVP 「ほっとした」と笑み

スポーツ

2018年9月2日 17時36分

 ジャカルタ・アジア大会のMVPに選ばれ、笑顔でトロフィーを掲げる競泳の池江璃花子。日本勢最多の6冠を達成した=2日、ジャカルタ(共同)

 【ジャカルタ共同】アジア・オリンピック評議会(OCA)は2日、ジャカルタ・アジア大会の最優秀選手(MVP)に、6個の金メダルを獲得した競泳女子の池江璃花子選手(ルネサンス)を選んだと発表した。競技を終えて帰国していた池江選手は同日ジャカルタ入りして表彰式に臨み「目標を達成できてほっとした」と笑みを浮かべた。

 女子の受賞は初めてで、日本選手では前回大会の競泳男子の萩野公介選手(ブリヂストン)に続いて4人目。賞金5万ドル(約550万円)の使い道を問われると「とりあえず貯金し、後はおいしいご飯を食べにいきたい」と初々しく語った。

 

この記事を印刷する