XMenu

競技団体への指導強化検討 不祥事続きでスポ庁長官

スポーツ

2018年9月1日 18時18分

 取材に応じるスポーツ庁の鈴木大地長官=1日午後、羽田空港

 体操の暴力指導、パワハラ告発問題などスポーツ界で不祥事が続く事態を受け、スポーツ庁の鈴木大地長官は1日、「公金を強化に使っているし、今のままで一体持つのかという危機感もある。しっかりコントロールできるような態勢も考えていかなくてはいけない」と述べ、競技団体に対する指導、監督強化の仕組みを検討する考えを明らかにした。庁内の作業チームで年内までに一定の方向性をまとめる。

 鈴木長官は、国のスポーツ界への介入が強まることには異論もあるが「いろんな形で(不祥事の)事案が生じ続けている」とし、現状では国の限定的な関与を見直すこともやむを得ないとの認識を示した。

(共同)
 

この記事を印刷する