XMenu

財務対話、中国側が接近 対米貿易協議抱え警戒も

経済

2018年9月1日 17時38分

 麻生副総理兼財務相(前列左から5人目)が出席して開かれた日中財務対話=8月31日、北京(共同)

 麻生太郎副総理兼財務相が訪中して8月31日に開いた日中財務対話は、反保護主義や金融分野での連携を示し、関係が一時冷却した中国の接近ぶりが目立った。安倍晋三首相と習近平国家主席の10月の会談実現を後押しした半面、対米貿易協議を抱える日本政府内では、米国を刺激する展開への警戒感もくすぶる。

 金融分野の日中協力は2002年に本格スタート。アジア通貨危機を教訓に、非常時に互いの通貨を融通し合う通貨交換協定を結んだ。協定は沖縄・尖閣諸島の国有化問題の余波で13年に失効、関係は停滞したが、財務対話では「継続的で強固な日中関係の発展に貢献する」との合意文書を交わした。

(共同)
 

この記事を印刷する