XMenu

防災の日、国道止めて訓練実施 警視庁や神奈川県警など

社会

2018年9月1日 11時58分

 東京都と神奈川県境の国道246号で行われた訓練で、バスが衝突事故を起こしたと想定し乗客を誘導する警視庁の警察官(左端)ら=1日午前

 防災の日の1日、警視庁は首都直下型地震を想定し、都心と神奈川県を結ぶ国道246号を通行止めにして、緊急車両などの進路確保の訓練を実施した。埼玉と神奈川の2県警の警察官らを含め約200人が参加、連携を強化することが狙い。

 午前8時半に震度7の地震が発生し、国道246号で外国人観光客が乗るバスが別の車と衝突事故を起こしたと想定。事故車を移動させて緊急車両の通行路を確保するため、世田谷区の「上馬」交差点から川崎市高津区の「切通し」交差点までの上下線6・5キロの区間を計1時間封鎖した。

(共同)
 

この記事を印刷する