XMenu

角野栄子さん「本が勇気を」 国際児童文学賞授賞式でスピーチ

話題のニュース

2018年9月1日 09時39分

 国際アンデルセン賞の授賞式で、賞状を掲げる角野栄子さん=8月31日、アテネ(共同)

 【アテネ共同】「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞を主催する国際児童図書評議会(IBBY)は8月31日、アテネで授賞式を行い、今年の作家賞に選ばれた角野栄子さん(83)にメダルと賞状を授与した。角野さんはスピーチで戦争体験を振り返り「過酷な時期に、本に生きる勇気を与えられた」とあいさつした。

 「魔女の宅急便」で知られる角野さんは、IBBYが第2次大戦後に世界平和を願って創設されたことに敬意を表するとした上で、「戦争のまっただ中、日本の10歳の女の子」だった自分にとって同賞は「特別な意味を持つ」と述べた。

 

この記事を印刷する