XMenu

来週にも22兆円関税を発動か 米大統領、中国は反発

経済

2018年8月31日 19時04分

 【ワシントン、北京共同】米ブルームバーグ通信は30日、トランプ米大統領が来週にも中国からの年2千億ドル分(約22兆円)の輸入品に対する第3弾の制裁関税の発動を表明したい意向だと伝えた。6人の関係者の話としている。産業界からの意見聴取の手続き期限である9月6日を過ぎればすぐに発動する案と、後日発動する案があるという。

 これに対し、中国外務省の華春瑩副報道局長は31日の記者会見で「強硬に圧力をかけるやり方は中国には通用しない」と述べ、反発した。

 複数回に分けて実施する可能性もある。ただ、一部の関係者によると、トランプ氏は発動の最終決定は下していないという。

 

この記事を印刷する