XMenu

日本海側で大雨続く恐れ 土砂災害・浸水に警戒を

社会

2018年8月31日 18時07分

 大雨で冠水した山形県戸沢村の住宅地=31日午後1時36分(共同通信社機から)

 前線の影響で31日は東北や北陸を中心に大雨になった。東日本から西日本では日本海側を中心に9月1日も雨が続く恐れがあり、気象庁は雨量が多く地盤が緩んだ地域を中心に土砂災害や浸水、川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 31日は山形、富山、石川各県で1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る地域があった。山形県最上町では最上小国川が氾濫し、つり橋が崩落。石川県七尾市でも熊木川と崎山川が氾濫した。山形新幹線を含む交通にも影響が及んだ。

 気象庁によると、1日には日本海から東北に延びる前線が活発化しながら東日本や西日本をゆっくり南下する見込み。

(共同)
 

この記事を印刷する