XMenu

天皇即位、宮中儀式を紹介 京都で9月1日から

社会

2018年8月31日 14時44分

 皇太子さまが来年5月1日に新天皇に即位されるのを前に、皇位継承に伴う「即位礼」や「大嘗祭」といった一連の代替わりに関する平安時代からの儀式を紹介する展覧会が9月1日から京都市の細見美術館など3会場で相次いで開かれる。「京都の御大礼」で、宮中で代々引き継がれたみやびな文化に触れることができる。

 大嘗祭は一時中断していたが東山天皇の時に再開。展覧会では、1687年に催された東山天皇即位の儀式の様子を描いたびょうぶや、儀式前に予行演習用の資料として使われた絵図など貴重な史料が展示されるほか、大正天皇が即位した際の儀式を再現した大型模型も設置される。

(共同)
 

この記事を印刷する