XMenu

単身赴任手当を廃止へ シャープ、来年1月から

経済

2018年8月31日 12時52分

 シャープ本社=堺市

 シャープは31日、単身赴任者に毎月支給している「単身滞在手当」を、一部の特定業務に従事する社員を除き原則的に来年1月に廃止することを明らかにした。台湾・鴻海精密工業の傘下で進めてきたコスト削減など経営改革の一環。一方で、自宅への帰宅交通費を補助する「単身滞在者帰宅交通費」は、支給を現在の月1往復程度分から増やすことを検討する。

 鴻海出身の戴正呉会長兼社長が31日、社員向けメッセージで明らかにした。これまで管理職に当たる「マネージャー」については2016年10月から支給をやめていたが、対象を社員全体に広げることにした。

(共同)
 

この記事を印刷する