XMenu

台風10号2年で黙とう、岩手 入所者9人犠牲の高齢者施設で

社会

2018年8月30日 12時55分

 入所者9人全員が亡くなった高齢者グループホームの跡地で手を合わせる関係者ら=30日午前、岩手県岩泉町

 岩手県で甚大な被害が出た2016年の台風10号の豪雨災害から2年を迎えた30日、入所者9人全員が亡くなった同県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の跡地で、施設を運営していた社団医療法人の職員ら約60人が黙とうし、献花台の前で手を合わせた。

 佐藤弘明常務理事は「2年がたっても、亡くなった方々への申し訳ない気持ちは変わらない。二度と繰り返さないよう防災に取り組んでいきたい」と声を詰まらせた。

 台風10号で、岩手県では関連死を含め26人が死亡、1人が行方不明となった。被害が集中した岩泉町では、今も約240人が仮設住宅で暮らしている。

(共同)
 

この記事を印刷する