XMenu

徳島でウエークボードの世界大会 水上スポーツ、アジアで初開催

話題のニュース

2018年8月30日 11時26分

 徳島県三好市の池田ダム湖で開幕したウエークボードの世界選手権大会で技を披露する選手=30日午前

 水上スポーツ、ウエークボードの世界選手権大会が30日、徳島県三好市の池田ダム湖で開幕した。33カ国から約200人の選手らが参加。9月2日までの4日間、選手たちは涼やかな水上で熱い戦いを繰り広げる。

 第30回の節目を迎える今大会は、アジアで初めての開催。選手はボードに乗りモーターボートに引かれながら水上を滑り、豪快なジャンプや華麗な技を披露する。

 今大会はプロ選手が世界7カ国を転戦する「WWAワールドシリーズ」の最終戦も兼ねており、今季の世界トップが決まる。男子では現在の世界ランキング5位の手塚翔太選手らも参加する。

(共同)
 

この記事を印刷する