XMenu

カナダで米国製品不買運動 反トランプ、貿易摩擦不満

経済

2018年8月29日 19時09分

 ツイッターに投稿された米国産以外の商品だけを入れた買い物カートの写真(共同)

 カナダで「米国第一主義」のトランプ米大統領に対する反発から、米国製品の不買運動が起きている。鉄鋼などに追加関税を課す米国の輸入制限発動で貿易摩擦が激しくなり、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉も米国のペースで進められてきたことに、カナダ国民の不満が表れた形だ。

 米国製品ボイコットは、カナダで6月開かれた先進7カ国首脳会議が大きな契機となった。トランプ氏は終了後、カナダのトルドー首相を「不誠実で弱虫だ」と批判、首脳宣言の承認を拒否した。

 調査会社イプソスが6月、カナダ人約千人に実施した調査で、70%が「できれば米国産品の購入を避けたい」と回答した。

(共同)
 

この記事を印刷する