XMenu

安倍選対が9月3日発足へ 石破氏、討論減に不満表明

政治

2018年8月28日 20時09分

 9月の自民党総裁選に向け、安倍晋三首相(党総裁)の3選を支持する党内5派閥の幹部は28日、党本部で会合を開き、合同選対本部を9月3日に発足させる方針を決定した。石破茂元幹事長は松山市で講演し、総裁選期間中の討論の機会が減ることに不満を示した。竹下派参院側を束ねる吉田博美参院幹事長と8月30日に会談し、連携を要請することも固まった。

 5派閥の幹部会合では、合同選対本部の事務総長に甘利明・元経済再生担当相、事務局長に萩生田光一幹事長代行を、それぞれ起用する人事も決めた。本部長には既に橋本聖子参院議員会長が内定している。

(共同)
 

この記事を印刷する