XMenu

米の訪朝中止、裏に秘密書簡 非核化進まずと判断か

国際

2018年8月28日 09時55分

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストは27日、トランプ米大統領が24日に急きょポンペオ国務長官の訪朝中止を指示したのは、直前に北朝鮮からの秘密書簡を受け取り、非核化が十分な成果を上げていないと判断したのが原因だったと報じた。

 書簡の具体的な内容は不明だが、同紙は「訪朝を取りやめるのに十分なほど好戦的だった」と指摘した。複数の米政府高官の話として伝えた。

 書簡は金正恩朝鮮労働党委員長の最側近、金英哲党副委員長が送った。ポンペオ氏が24日朝に受け取ってトランプ氏に示し、トランプ氏は訪朝中止を決断した。

 

この記事を印刷する