XMenu

米とメキシコがNAFTA合意 車基準厳格化、カナダ参画へ

経済

2018年8月28日 01時19分

 27日、ホワイトハウスでメキシコのペニャニエト大統領と電話で話すトランプ米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、米国、カナダ、メキシコが結ぶ北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を巡り、米国とメキシコが2カ国協議で合意したと発表した。自動車の関税をゼロにする基準の厳格化が柱。今後カナダが協議に加わり最終合意を目指す。加盟3カ国で合意すれば、日本の自動車メーカーの調達戦略に影響を与えることになる。

 米とメキシコは、焦点である自動車部品の調達基準で、3カ国内の比率を現行62・5%から引き上げる方向で、日本など域外からの調達がしにくくなる。新たに一定の賃金以上の工場で生産する比率も設定する見通しだ。

 

この記事を印刷する