XMenu

ハチに61人刺され負傷、長野 松本の自転車レース

社会

2018年8月26日 17時05分

 26日午前10時ごろ、長野県松本市の乗鞍高原で開かれた自転車レース「マウンテンサイクリングin乗鞍」の参加者がハチに刺されたと松本署に通報があった。大会事務局によると、負傷者は61人に上り、いずれも軽傷。少なくとも2人がハチの被害でリタイアしたが、多くが治療を受けてレースを続行したという。

 署によると、レースは乗鞍高原の山道を駆け上がる約20キロのコースで、スタートから約4キロ地点にハチの巣があり、午前8時から9時半の間に通過した参加者が刺された。ハチはキイロスズメバチとみられ、レースでの負傷に備えて待機していた救助隊や医療関係者が治療に当たった。

(共同)
 

この記事を印刷する