XMenu

男子100m、山県は銅メダル ア大会、クライミングで野口が金

スポーツ

2018年8月27日 01時07分

 女子マラソン 2位でゴールする野上恵子=ジャカルタ(共同)

 ジャカルタ・アジア大会第9日(26日)陸上の男子100メートル決勝で日本選手団主将の山県亮太(セイコー)が10秒00で銅メダルだった。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は準決勝で落選。十種競技で右代啓祐(国士舘ク)が2連覇した。

 2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングは女子複合で野口啓代(TEAM au)が金メダルを獲得した。ゴルフは男子個人の中島啓太(東京・代々木高)が優勝、団体も日本(中島、金谷、今野、米沢)が5大会ぶりに制した。

 総合馬術は団体で日本が2大会ぶりに金メダルを獲得。個人は大岩義明(nittoh)が3大会ぶりに優勝した。

(共同)
 

この記事を印刷する