XMenu

立民に参院選で共闘呼び掛け 国民民主代表選で2氏

政治

2018年8月25日 12時27分

 記者会見する国民民主党の津村啓介元内閣府政務官(右)と玉木雄一郎共同代表=25日午前、大阪市

 国民民主党の代表選は25日、最初の週末を迎え、立候補した津村啓介元内閣府政務官、玉木雄一郎共同代表が大阪市で記者会見や討論会などに臨んだ。来年夏の参院選で玉木氏が提唱した他の野党との共同選対設置に否定的な立憲民主党に対し、津村、玉木両氏は引き続き共闘への理解を求めていく考えを重ねて示した。

 玉木氏は記者会見で「1人区の調整の必要性は立民も認めている。野党一丸の体制を構築できるよう、野党第1党のリーダーシップの発揮を働き掛けたい」と語った。

 津村氏は「敵は自民党で、連携できるところは連携するという哲学は共有できている」と強調した。

(共同)
 

この記事を印刷する