XMenu

吉本興業が国連の活動に協力 笑いで「持続可能な開発目標」

国際

2018年8月24日 09時57分

 23日、国連の会議に出席した国連広報センターの根本かおる所長(奥右端)。奥左から2人目は吉本興業役員の羽根田みやびさん=ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】ニューヨークの国連本部で開催された会議で23日、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の知名度向上に協力している吉本興業のユニークな活動が報告された。SDGsを題材にした同社所属のお笑いタレントらのコミカルな映像が会場で上映されると、大きな笑い声が上がった。

 この会議は、国連の広報活動と市民社会の連携を話し合うため22日から2日間開かれた「国連広報局/NGO会議」。

 SDGsは貧困や飢餓の撲滅、男女平等の実現など2030年までの達成を目指す。吉本興業は約2年前に東京の国連広報センターから依頼され、電通と共に広報に協力している。

 

この記事を印刷する