XMenu

米中、互いに第2弾の関税 5・5兆円分、対立激化

経済

2018年8月23日 13時43分

 米国による第2弾の制裁と中国の報復

 【ワシントン共同】トランプ米政権は23日午前0時(日本時間同午後1時)すぎ、中国の知的財産権侵害に対抗、160億ドル(約1兆8千億円)相当の中国製品に25%の制裁関税を課す第2弾を発動した。第1弾と合わせて年総額約500億ドル(約5兆5千億円)相当が対象になる。中国は同規模の報復関税に踏み切った。

 中国商務省は23日、米国が発動した第2弾の制裁関税に関して世界貿易機関(WTO)に提訴する方針を示し、対立は激しくなる一方だ。米中双方は第3弾の追加関税も視野に入れている。歯止めがかからなければ堅調な世界経済を圧迫し、波乱要因となる恐れがある。

 

この記事を印刷する