XMenu

北朝鮮がミサイル発射計画 訪朝のロシア議員

国際

2017年10月7日 00時26分

 【モスクワ共同】ロシア通信によると、北朝鮮を訪問したロシア下院のモロゾフ議員は6日、北朝鮮が近く米国の西岸に到達可能な長距離ミサイルの発射実験を計画していると述べた。

 北朝鮮は10日に朝鮮労働党創建記念日を迎える。日米韓の防衛当局は、北朝鮮がこの日に合わせて大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの発射に踏み切る可能性もあるとみて警戒を強化している。

 モロゾフ氏によると、北朝鮮の高官らは計算式を見せて、ミサイルが米西岸に到達可能であることを示した。また、弾頭を大気圏に突入させ、制御する技術も保有しているとの説明も受けたとし、「関係国による早期介入」を訴えた。

 

この記事を印刷する