XMenu

非核化「米大統領任期内に」 正恩氏発言 南北会談18日から

国際

2018年9月7日 朝刊

 【ソウル=上野実輝彦】文在寅(ムンジェイン)韓国大統領の特使として訪朝した鄭義溶(チョンウィヨン)国家安全保障室長は六日、大統領府で記者会見し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が「トランプ米大統領の一期目の任期(二〇二一年一月)内に朝鮮半島の非核化を実現したい」と述べたと発表した。現実的には困難だが、非核化の意思を明示することで米朝対話の継続にあらためて意欲を示した。

 一方で正恩氏は、非核化に向けた行動に「北朝鮮が実施した措置に相応する措置を(米側が)行った場合に続ける」と条件を付け、朝鮮戦争の終戦宣言を優先するよう要求。宣言した場合も在韓米軍の撤収は必要ないとの考えも示した。

 正恩氏は、核実験場閉鎖やミサイル基地解体に対する評価が低いことを不満とする半面「トランプ氏への信頼は変わらない」とも説明。鄭氏は「北朝鮮は韓国の(仲介の)役割を期待している」と述べた。

 鄭氏は訪朝時、トランプ氏からのメッセージを正恩氏に伝達。六日夜に、正恩氏の回答を米側に説明すると明らかにした。内容は公表していない。鄭氏は文氏と正恩氏の首脳会談を十八〜二十日に平壌(ピョンヤン)で行うことも発表した。文氏は昨年五月の就任以来、初の訪朝。金大中(キムデジュン)、盧武鉉(ノムヒョン)両元大統領も過去に二泊三日で訪朝した。

 

この記事を印刷する