XMenu

「不可逆的な非核化」明記なし 朝鮮半島情勢で議長声明 ARF閣僚会議

国際

2018年8月6日 夕刊

 【バンコク=北川成史】東南アジア諸国連合(ASEAN)各国や日本、米国、北朝鮮などが参加してシンガポールで開かれたASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議の議長声明が六日、発表された。朝鮮半島情勢については、北朝鮮の非核化への支援を盛り込んだものの、日本が主張する「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」の文言は明記されなかった。

 四日のARFに先立つASEAN外相会議の共同声明は「CVIDへの支援」を明示しており、ARFに参加した北朝鮮に配慮した内容になった。

 声明は四月の韓国と北朝鮮の南北首脳会談と六月の米朝首脳会談を評価。北朝鮮に「完全な非核化と核・ミサイル実験の中止という約束を果たすよう促す」と求めたが、CVIDという表現は入らなかった。

 関係国には、朝鮮半島の平和体制構築を確認した米朝首脳会談の共同声明の実現などを通じ、非核化された朝鮮半島での恒久平和と安定の実現に向けた取り組みを続けるよう促した。

 また「拉致問題」という文言も入らず、「一部閣僚が人道上の懸念を含む問題の解決のため、北朝鮮と対話する用意を表明した」という表現にとどめた。

 

この記事を印刷する