XMenu

北京の米大使館前で爆発、26歳男拘束 ビザ発給巡りトラブルか

国際

2018年7月27日 朝刊

26日、北京の米国大使館付近で、血痕のような付着物を片付ける男性=共同

 【北京=中沢穣】北京にある米国大使館前の路上で二十六日午後一時(日本時間同二時)ごろ、男が爆発物に火を付け爆発させた。男は手などを負傷し、現場で取り押さえられた。ほかにけが人はいなかった。警察によると、男は内モンゴル自治区出身の二十六歳で、命に別条はない。動機は不明だ。

 中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は同日の定例会見で「単独の治安事件だ」と述べ、組織的なテロ事件との見方を否定した。警察は爆発物について「爆竹のような装置」としている。中国紙、新京報(電子版)は、男は幻覚などの症状で通院歴があったと報じた。

 爆発は、米大使館の査証(ビザ)申請窓口に並ぶ人たちの行列最後尾のそばで起きた。男のビザ発給をめぐってトラブルがあったとの情報もある。中国紙、環球時報(電子版)は、米大使館前のほぼ同じ場所で同日午前十一時ごろ、女性がガソリンをかぶって焼身自殺を図り、警察に取り押さえられたと伝えた。爆発との関連は分かっていない。

 爆発を目撃した四十代の女性は「雷のような音に続いて白い煙が上がった」と話す。ビザ申請の列に並んでいたという二十代の女性は「たくさんの人が一斉に走って逃げた」と振り返った。現場には血痕のほか、ガラス片が散乱していた。

 米大使館の施設に被害はなかった。周辺には各国の大使館が集まり、米大使館の東約二百メートルには日本大使館もある。

 

この記事を印刷する