XMenu

米、対北制裁「履行を」 安保理 中ロ緩和姿勢けん制

国際

2018年7月21日 夕刊

 【ニューヨーク=赤川肇】ポンペオ米国務長官は二十日、国連本部があるニューヨークで、北朝鮮との非核化交渉の現状を国連安全保障理事会理事国に説明し、北朝鮮の非核化に向けて安保理決議に基づく制裁の完全履行を求めた。会合は米国と韓国が呼び掛けたもので、制裁緩和への流れを主導する中国やロシアをけん制する狙いがある。

 韓国国連代表部で約一時間にわたり非公開で開かれた。安保理理事国のほか韓国の康京和(カンギョンファ)外相と日本の別所浩郎(こうろう)国連大使も関係当事国として出席し、安保理制裁の維持を求めた。

 ポンペオ氏は会合後、報道陣に対し、北朝鮮が安保理制裁に反し石油精製品を不正輸入しているとあらためて主張。米国が安保理の北朝鮮制裁委員会に求めた北朝鮮への石油精製品の輸出停止措置が十九日、中ロの反対で先送りされた経緯を念頭に「制裁が履行されなければ、非核化の展望は損なわれる」と指摘した。

 同席したヘイリー米国連大使は「安保理が制裁を緩めないことが非核化交渉を支援する最高の方法だ」と中ロの対応を批判した。

 中国の馬朝旭(ばちょうきょく)国連大使は会合後、報道陣から「制裁の履行に努めているのか」と問われ、「決議は完全に履行する。皆やっている」と不快感をにじませた。

 一方、非核化への具体的な道筋が示されない中、ポンペオ氏は「簡単な道のりではない。時間がかかる」とも指摘。非核化は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の「約束」だとして、「金委員長が約束を実行するのを見る必要がある」と迫った。

 

この記事を印刷する