XMenu

ロ大統領の訪米招請検討 トランプ氏、今秋調整へ指示

国際

2018年7月20日 夕刊

 【ワシントン=石川智規】サンダース米大統領報道官は十九日、トランプ大統領がロシアのプーチン大統領を今秋、首都ワシントンに招くようボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に指示したと明らかにした。自身のツイッターで公表した。

 米ロ首脳会談は、十六日にヘルシンキで行われたばかり。会談とその後の記者会見で、米大統領選へのロシア介入疑惑を否定したプーチン氏にトランプ氏が同調したため、米国内では与野党を問わず非難が続出している。トランプ氏は早期の再会談を打ち出すことで自らの正当性をアピールする狙いとみられる。

 サンダース氏によると、トランプ氏は先の会談で、米ロの安全保障担当者間で対話を続けることに合意したといい、プーチン氏の秋の訪米についても「既に議論が進行中だ」とした。これに先立ち、トランプ氏は十九日朝に投稿したツイッターの中で「ロシアとの会談は大成功だった」とあらためて主張。「テロ防止やイスラエル問題、核など、議論したことを実行に移せるように、二度目の会談を楽しみにしている」と強調していた。

 

この記事を印刷する