XMenu

トランプ氏、ロシア介入の結論「受け入れる」 批判受け発言修正

国際

2018年7月18日 夕刊

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は十七日、ホワイトハウスでの会合冒頭で、二〇一六年の米大統領選にロシアが介入したとの情報機関の結論を「受け入れる」と述べた。十六日の米ロ首脳会談後の共同会見では、ロシアのプーチン大統領が疑惑を全面否定したことに同調した上で、ロシア関与の「理由は見当たらない」と述べていた。

 疑惑に関し、プーチン氏に同調した共同会見後、米国内ではトランプ氏の発言に批判が集中していた。トランプ氏は情報機関の結論を受け入れる姿勢を示すことで、事態の沈静化を図ったとみられる。

 十七日の会合で、トランプ氏は「米国の偉大な情報機関を信頼する」と強調。米国の情報機関を統括するコーツ国家情報長官らの名前を挙げた上で「彼らはすばらしい才能を持っている」と持ち上げた。

 また、プーチン氏との会見録やビデオを見直したとした上で、「(介入が)ロシアではないという理由は見当たらないというべきだった」と述べ、前日の発言を修正した。

 一方で、ロシア疑惑に関し「共謀はまったくない」と強調。あらためて自身やトランプ陣営の関与を否定した。

 

この記事を印刷する