XMenu

トランプ氏「北非核化交渉 急がず」 具体策協議で遅れ

国際

2018年7月18日 夕刊

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は十七日、ホワイトハウスで開かれた会合で、北朝鮮との非核化交渉について「急ぐことはない。われわれは期限を設けていない」と述べた。さらに「制裁は続いている。人質も戻った」とし、具体策が進まない中、交渉の長期化を視野に入れているとみられる。

 非核化に向けた期限については、ポンペオ米国務長官も六月下旬、期限を設けない考えを示していた。

 トランプ氏は対北交渉について「議論は続いている。制裁も続いている」と指摘。「(北朝鮮との)関係は非常に良い。どうなるかみていよう」と述べた。

 ポンペオ氏が訪朝し、今月六〜七日に実施した米朝高官協議では具体的な進展が報告されておらず、交渉は難航しているとの見方が広がっている。

 

この記事を印刷する