XMenu

トランプ氏「クリーンな大統領選」 介入疑惑、プーチン氏に同調

国際

2018年7月17日 夕刊

 【ヘルシンキ=栗田晃】トランプ米大統領は十六日、フィンランドの首都ヘルシンキでロシアのプーチン大統領と会談後、共同記者会見し、二〇一六年米大統領選にロシアが介入したとする疑惑を改めて否定したプーチン氏に同調し、深く追及する姿勢は見せなかった。

 疑惑を巡っては会談直前にロシア軍当局者十二人が起訴されるなど米国では捜査が進んでいるが、プーチン氏は会見で「介入していない」と疑惑を全否定。トランプ氏も「(ロシアの関与を断定する)要因は見当たらない」と自国の捜査当局と矛盾する見解を述べた。自身の選挙陣営とロシアの共謀も否定し、「クリーンな選挙運動だった」と強調した。

 会談後の会見で、トランプ氏は「新たな冷戦」と呼ばれるほど悪化した米ロ関係改善に向け、「長い過程の始まりだ」と意欲を表明。プーチン氏も会談を「両国関係の悪い状況を正そうという二人の願いの表れ」と評した。

 両首脳はシリア情勢で軍当局間の連携を維持していくことで一致。ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の併合については、トランプ氏の「違法だ」との見解に対し、プーチン氏は「われわれとは異なる。この問題は終わりだ」と立場を堅持した。

 両首脳の会談は昨年七月、ドイツ・ハンブルクの二十カ国・地域(G20)首脳会合の時以来二度目。国際会議の場以外での会談は初めて。通訳のみを交えた一対一の会談は予定の一時間半を超え、二時間以上続いた。

 

この記事を印刷する