XMenu

16年米大統領選「ロシアの介入明白」 米情報機関トップ、トランプ氏に反論

国際

2018年7月17日 夕刊

 【ワシントン=石川智規】米国の情報機関を統括するコーツ国家情報長官は十六日、声明を発表し、ロシアによる二〇一六年米大統領選への介入疑惑について「われわれの評価では、ロシアが米国の民主主義をむしばもうとしていたことは明白だ」と述べた。

 声明は、トランプ氏が米ロ首脳会談後の記者会見で、米情報当局の結論を疑問視するような発言後に出された。情報機関のトップがトランプ氏の姿勢に反論した形。コーツ氏は声明で「われわれはわが国の安全保障のため、ありのままの事実にもとづいた捜査を続ける」と強調した。

 声明発表から約一時間後、トランプ氏はツイッターで「常々言っている通り、私は情報機関の人々をとても信頼している」と釈明した。ただ、「明るい未来を築くためには、過去にばかりこだわってはいられない。われわれはうまくやっていかなければならない!」とも付け加えた。

 

この記事を印刷する