XMenu

正恩氏の書簡公開 トランプ氏「非核化」には触れず

国際

2018年7月13日 夕刊

トランプ米大統領がツイッター上で公開した、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から送られた7月6日付の書簡

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は十二日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長から受け取った書簡を自身のツイッターに公開した。正恩氏は「朝米首脳会談と私たちが署名した共同声明は、意義深い旅路の始まりだった」と評価。だが、首脳会談で合意した「非核化」についての文言や言及はなかった。

 トランプ氏は書簡について「金委員長からの素晴らしい手紙だ」と歓迎し、「大きな進展が図られている」と主張した。

 書簡は七月六日付。ポンペオ米国務長官が三度目の訪朝をした際に託されたものとみられる。トランプ氏は書簡とともに英文翻訳を掲載した。

 書簡で正恩氏は「私と大統領閣下の強い意志と誠実な努力、比類なき手法は必ず結実すると固く信じている」と強調。その上で、「今後の実質的な行動のプロセスを通じ、大統領に対する揺るがぬ信頼がさらに強まることを願う」とし、米側に具体的措置を取ることを促した。

 ポンペオ氏は六〜七日にかけて平壌(ピョンヤン)で金英哲(キムヨンチョル)党副委員長と米朝高官協議を実施。その後、北朝鮮外務省は「(米国は)強盗さながらに非核化要求だけを持ち出した」との報道官談話を出すなど、非核化を巡る協議は難航しているとみられる。

 

この記事を印刷する