XMenu

オスプレイ配備で正確な情報提供を あきる野市議会が声明

東京

2018年8月28日

 米空軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイ五機が十月一日に米軍横田基地(福生市など)に正式配備されることを受け、あきる野市議会は二十七日、米軍に正確な情報提供と安全対策の徹底、国に住民の生活に影響を及ぼす懸念の払拭(ふっしょく)を求める声明文を発表した。

 声明文では「事故や安全性の確認について十分な説明責任が果たされず、配備が発表されたことは誠に遺憾」と指摘。さらに「すでにあきる野市上空を飛行しており、今後夜間飛行訓練も予定されている中、住民の不安はさらに高まっている」と主張している。

 

この記事を印刷する