XMenu

東京五輪・パラ向け ボランティア希望者に31日、有楽町で説明会

東京

2018年8月23日

 都は今月末から、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのボランティアに参加を希望する人向けの説明会を始める。初回は一九八四年ロサンゼルス五輪の金メダリスト森末慎二さんを招き、三十一日午後七時から有楽町インフォス(千代田区丸の内三)で開く。

 都と大会組織委員会は大会期間中に、観客へのサービスや競技の運営をサポートする大会ボランティア八万人と、競技会場の最寄り駅で道案内などをする都市ボランティア三万人の計十一万人の参加を見込む。二〇〇二年四月一日以前に生まれた人を対象に、来月中旬から募集を始める。

 説明会は、募集の流れや活動内容を知ってもらうため、十一月までに十回ほど開く。各回とも大会の出場経験者やボランティア経験者の講演に加え、個別相談を実施。いずれも定員二百五十人で無料。

 希望者はインターネットで「東京ボランティアナビ」と検索し、専用フォームから申し込む。問い合わせは、都市ボランティア募集事務局=電0570(05)2020=へ。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する